神社仏閣、神棚の祭り方、先祖供養、運気を上げるコツ、自由に書いております。
産土神社もバージョンアップ?
0
    一昨日、産土神社の崇敬会から新年の授与品として「開運厄除御幣」が送られてきました。
    この御幣は「神棚におまつりしてください」とありますので、私は神棚の御扉の横のスペースにおまつりさせていただいています。
    仮に他の神社のものであれば神棚回りはシンプルにした方が良いのですが、神棚におまつりしているご神札と同じ産土神社からの授与品なので問題ないと思います。

    「なお毎年新しい御幣をお送りいたしますで、古い御幣と取り替えて古い御幣は当神社にお納めください」とあります。
    おそらく神社に郵送すればお焚き上げしてくだると思います。
    私の場合は、実家に帰った際に初詣に行く一之宮神社の古札を納めるところにもって行きます。

    ところで、御幣を組み立てて古い御幣と取り替えるとき、ある違いに「おやっ」と思いました。
    下記の写真を見比べみてください。
    左が古い方で、右が今年新しく送られてきた御幣です。
    実は今年の御幣には麻糸が巻きつけられていたのです。棒の上の部分です。
    伊勢白山道さんのブログによると、麻糸を巻きつけてつけられた神札は非常に神霊が寄りやすいとのことです。



    ちなみに伊勢神宮にお参りした際、授与されたご神札にも上の部分にこのように感じで糸状に巻きつけられていました。

    わが産土神社の御幣も進化したのかも〜、なんてとてもうれしく思いました。
    神棚の祭り方 | 01:17 | author : 管理人
    comments(0) | trackbacks(0) | - | - |


    旅行なら楽天トラベル



    神棚の祭り方 ヾ靄槓- 神棚の置き方(設置方法)
    0
      神棚の祭り方(まつり方・祀り方・置き方)シリーズと題して、基本のまつり方を具体的に解説していきたいと思います。

      特に初めて神棚の購入を考えておられる方にとっては何を何処でそろえていいのやらわからないという方も多いと思います。

      そこで神棚の種類や神具、中に入れるお札(神札)の種類、置き方などで初心者(?)が迷いやすい点を細かく、わかりやすいように通販ショップの画像を紹介して実例付きで説明致します。ご参考になさってください。
      ...................................................................

      ★なぜ神棚を祭ると良いのか?
      神棚は、神社のミニチュア版と考えてください。
      実は、神棚はどんな強力な風水グッズよりも開運効果があるのです。
      というと不謹慎に聞こえるかもしれませんが...。
      もちろん、ただ神棚だけ買ってきて家に置けばいいというわけではありません。
      神棚には、神社から神様の「神気」が入ったお札をいただいてきて祭ります。そうすることによって我が家に光のアンテナを立てて元の神社と結んでもらうのです。そうすることによって守護していただくことになります。
      神棚は、いわば神様の分身(お札)の「お屋敷」みたいなイメージです。
      神様に対する感謝の気持ちを持って、我が家の神棚に神様をお迎えし、ご神札をお祭りしてくださいネ。
      また実際問題、地相・家相の悪い家というのは地縛霊や邪霊の立場から見ると寄り易い、居心地が良い(?)家なのですね(笑)。神棚を祭ることにより霊的な防災になるという効果も期待できます。

      ★参考書は?
      次に紹介する本は、神棚はもとより神社仏閣に関する基本的な祭祀事項やお祈りの仕方を『開運法』という視点でまとめ、その活用法を解説しています。初心者にもわかりやすい内容になっていると思います。
      この本を読んで「ぜひ、我が家にも神棚を祭りたい!」という気持ちが沸き起こってくることを期待してご紹介します(笑)。

      決定版・神社開運法最新・最強の開運法を集大成! ( 著者: 山田雅晴 )
      (※アマゾンは右サイドバーのオススメ本から注文できます)
      この本の「神棚・仏壇・お墓の開運祭祀法と清め方」(P.279〜)という章に詳しく載っています。
      神棚一式揃えるとなると、けして安いものではないので、ぜひ事前の予備知識を持って揃えられたらいいと思います。

      ★どこで手に入れたら良いか?
      ●もしこれから家を新築して、本格的に神棚を設置するスペースを設ける予定なら、老舗の神具屋さんを呼んで見積もりを取るのが一番無難です。
      祭祀は一生のことですから、安易に決めないで家の方位なども含めて最適な場所に設置できるよう専門家に相談した方が良いでしょう。次に述べるような棚板・幕板の建て付けから始まります。

      これから説明するのはそこまで本格的ではない場合です、悪しからず(笑)。
      建てつけから始めると経済的にも大変です。そのため、ここでは「そのご家庭ごとに経済的に負担可能な範囲で選ぶ」というスタンスで紹介させていただきます。但し、できるだけケチって買うという気持ちで買わないでくださいね。その想念が神棚に宿ります(笑)。

      <街の神具専門店>
      最低でも5万円くらいかかると思います。
      その代わり、知識が豊富なので一から丁寧に説明してくれますしそこで全て漏れなく揃えられます。
      難をいうと、逆に正式すぎる(?)ということでしょうか。例えば「神棚はまず棚板・幕板を設置した上で祭るものです」と言われたりすると初心者はそこで挫折してしまいます。
      また本来の素朴な神祭り以上の備品をいろいろ勧められてしまうという場合もあるかもしれません。

      <ホームセンター>
      たぶん、インテリアや雑貨コーナーみたいなところにおいてあるお店も多いと思います。神棚だけなら、1万円くらいから手に入ると思います。
      初心者ならこれでも十分だと思います。あとは神具を買い足せばいいと思います。

      <ネットショップ>
      私個人的には楽天市場 が一番オススメです。
      神棚を扱っているショップも多いし、種類も豊富です。
      初心者向けには神棚と神具セットがオススメです。ポイントも溜まりますし。トップページの商品検索で「神棚 三社」とか、「神棚 神具」などと入力して検索すれば色々出てきますよ。
      参考までに各ショップで掲載している神棚の祭り方のページを紹介しておきます。そこのおすすめセットを参考に揃えてみてもいいかと思います。
      たぶん、初めての方は一番シンプルなセットでだいたい揃うと思います。繰り返しになりますが、肝腎なのは中に祭るお札ですから!

      ハセガワ仏壇 神棚の祀り方のページへ >>>
      ↑↑↑
      ハセガワ仏壇さんは老舗で、私も何度か注文しましたがアフターフォローが懇切丁寧でした。買い替えの時は古い神棚・神具類の処分方法(おたきあげ)の相談にものってくれます。

      他の神棚・神具商品の検索・購入はコチラからどうぞ
      ↑↑↑

      -------------------------------------------------------------

      ★神棚を設置する方位と場所
      神棚は常に、家の一番上の階に祭ります。

      ●二階建ての一軒家であれば、2階が「最上階」になりますね。

      ●マンションの場合は、自分の部屋が最上階以外の部屋の場合、自分の住んでいる部屋の上にも他の人が住んでいます(意味わかりますかしら?)。
      そこで「便宜上」、神様に「我が家の最上階はここですよ」と納得していただくために神棚の真上の天井にと書いた紙を貼ります。
       ←こんな感じです
      楽天ショップでも売っていますが、これくらいは自分で書きましょう(笑)。
      イメージとしては、神棚の中に住んでいる神様が上を見上げたとき、「雲」という字が見えるから、「ここはこの建物の最上階だ」と思っていただくためです。というのは建前で、神様の方は「この家の者は私に『私の居るところはてっぺんなんだ』と思ってほしいんだなー」とわかっていると思いますが(笑)。形式に従うことで住人の「気持ち」を示すというわけです。

      ちなみに私は 「雲形」 という木製の既製品を貼っています。これだと天井になじむので、狭い部屋でも違和感なく、全体の雰囲気も落ち着きますので。

      ※但し、一軒家の場合は必ず最上階に置きます。念のため。

      ●家相学的に方位は、家の北西が神棚には一番良い方位です。北西は「天」つまり最上位を意味する方位であるのと、北西に神棚を置いたとき神棚の正面が東から南になり、太陽の光を浴びることができるからです。もし厳密に方位にこだわって設置したい場合、風水家相羅盤組(コンパス)という商品もあります。私もコレを使っていますが、家相の知識がない方でも使いこなすことができると思いましたのでご紹介しておきます。(あまりこれに捉われると逆に置けなくなってしまう恐れもありますので、あくまで参考として...)。

      住宅事情から必ずしも厳密な北西に置けないことも多いと思います。その場合はできるだけ日当たりがよい清浄な場所にすれば良いでしょう。
      また神様に家族を見守っていただけるように、神棚から見てその家全体を見渡せるような場所に置ければ理想的です。

      ★棚板・幕板の設置方法
      ●正式な設置方法としては、神棚は 棚板 という台を建て付けて設置し、幕板を張ります。

      本来は家を建てるときに初めに神棚の位置を確保し、それから人間の居る場所のレイアウトをするのが「筋」なのです。
      もし、街の神具屋さんに行って「神棚ください」と言ったら「棚板と幕板はどうなさってますか」と聞き返されることでしょう。

      ところが現代の住宅事情だと、立派な棚板・幕板を設置するスペースなんて中々とれませんよね。棚板と幕板を設置するスペースがなければ神棚を祭れましぇーん、では悲しすぎます...。
      初級編としては、本棚やタンスなど安定感のある場所を確保できれば可とします。
      先に紹介した本を読んでいただければわかると思いますが、神様をお祭りする厳粛な「心」を持って棚板と幕板に換えてくださいませ。神様を我が家にお迎えしたいと思う気持ちが大切なのです。

      【棚板と幕板】
      『幕板の付いた無垢板』 棚板セット【並】 (ヒバ)80センチタイプ 

      ★神棚の種類
      ●神棚は出来るだけ三社造りのものがベストです。三社造りとは下記のような扉が3つ並んでいるものです。

      【木曽桧】極上屋根違い三社『伊勢』     

      別のページで説明しますが、基本的に神棚には3種類のお札を祭りますので、お札ひとつに対してお部屋をひとつずつという感覚です。実際には中はつながっているものが多いです。
      >>>ご神札の種類と祭り方はコチラをクリック!

      あとよく、一社祭り用の神棚に3つ重ねて祭るという方法が紹介されていますがそれにに習って祭る方法は、「開運する」祭祀法としては、あまりおすすめしません。
      また神様の身になってみれば、しっかり守ってあげたいわけです。そのためにもひとつつづ独立してお部屋を準備して入ってもらう方がいいのです。一社造りでは神様も窮屈でしょうから。
      一社造りの神棚には文字通り、ひとつのお札を祭ります。
      また、逆に色んな神社に守っていただきたいkらといってお参りに行くたびにお札をいただいてきて、5つも6つもお祭りすることも感心致しましぇーん(笑)

      ●神棚は種類や大きさ、そして価格など、実に様々なものがあります。ネットショップのラインナップを見て一番迷うところです。
      まず神棚の外寸(サイズ)が設置する場所に納まるかチェックしましょう。
      ・横幅と奥行はタンスや本棚の上に置く場合、はみ出さないかどうか。
      ・高さは、天井につっかえないかどうか。

      そしてすでに手元に自分がいただいてきたご神札がある場合は長さを測ってそれが納まるかどうか、神棚の内寸(特に高さ)をチェックしましょう。これを面倒がって省略しないようにしてください。
      (※お札については別のページで詳しく解説します。(>>>「△歓聖イ亮鑪爐蛤廚衒」をクリック!


      ●住宅事情から限られたスペースしかないという場合は箱宮というコンパクトでお手入れも楽なタイプの神棚もあります。(マンションサイズともいえますね。)

      唐戸箱宮16号彫刻らんま(ひのき)(見た目もスッキリですね。)
      ↑↑↑
      実は上の商品は私が実際に購入したものです。
      うちの設置できるスペース(特に横幅)が狭くて、その上神社で一番長いお札(高さ32cmの木札)をいただいてきたものですから、最適な神棚を探すのに苦労したのです...。(たいてい高さと幅は比例してますから)。

      ★神具の種類と配置の仕方

      ●神鏡の置き方
      神鏡3寸
      御鏡(みかがみ)とも言います。
      神棚の中央、御扉の前に置きます。鏡の面を自分の方に向けるように置きます。

      お祈りする時はここに合掌した手を向け、視線と意識の照準を合わせます。
      ひとつには神様にお祈りする前にまず己(おのれ)を鏡に映して、自己を正すという意味があります。「神は鏡のごとし」ということわざがありますが、自分の内面に応じた神様が現れるという意味です。
      ちなみに天皇家の伯家(はっけ)神道では鏡に自分を映し、自分の内在する神性を拝む「御鏡御拝(みかがみぎょはい)」という行法がありマス。

      ●三宝の置き方
      【神具】長三宝 8寸×6寸
      三宝(さんぽう)は神様へのお供えものをのせる、足つきのお盆です。
      神棚の前にお供えします。
      木製の三宝はお盆の部分に縁取りしてあり、木の継ぎ目のある方とない方があります。
      継ぎ目は人間の方に向けます。つまり神棚の方には継ぎ目のないキレイな方を向けることになります。
      三宝には、水、塩、米、お酒のお供えを決まった配置でのせてお供えします。

      初めて購入する際は、次のような基本の神具セットで買うほうが安上がりだと思います。


      ●瓶子の置き方


      お神酒を入れる瓶です。左右対称にのせます。
      毎日供えなくてもいいものです。お祝い事があったときや、お酒をいただいときなどにお供えするとよいと思います。

      ところでお供えした後のお酒や水、塩には「神気(しんき)」が入ります。
      それらを流せば、それはやがて川や土に還ります。
      つまり、我々が感謝の気持ちを持って神様を祭れば、そのお下がりのお供え物にも神様からの恵みが入り、それが自然に還って行くわけですね!
      但し、せっかくですから流す前に、いただいたりお風呂にいれたりして使ってもOKです。お酒などは神気が入ると不思議とまろやかな味になっていますよ。

      ●白皿の置き方


      お皿にそれぞれ、お米とお塩を盛ります。
      向かって右側に自然塩をお供えします。いわゆる粗塩とよばれている塩です。
      自然塩は水分を含んでいるので、フライパンで乾煎りしてサラサラにしてお供えするのがオススメです。最近は初めからサラサラの粗塩も売っています。
      お下がりはお料理に使ってもOKです!また部屋の盛り塩に使うと邪気を良く吸ってくれます。

      中央にお米をお供えします。
      お米は洗い米とされていますが、最近は無洗米などあるし、スーパーで売ってるのはキレイなお米なので、個人的にはそのままでも良いかなと思います。お米ももちろんいただけますヨ。

      ●水玉の置き方


      お水を入れて、向かって左側にお供えします。お供えするときにフタは開けてお供えします。はずしたフタは水玉の横に立てかけておきます。
      (ちなみに、フタは水を汲んだあと神棚まで運ぶまでに邪気が入らないようにするためにあります。)
      お水のお下がりもモチロン神気が入っています。但し衛生上そのまま流すようにした方が良いかもしれません。またポットのお水に足して沸騰させて飲んだり、お風呂に足したり、植物に上げても良いと思います。

      私見ですが、要は人間が感謝の気持ちでお供えする→神気が入る→流す(或いはいただく→排泄される)→大地に清浄な水が還るという循環が、霊的エコロジーになるのではないかと思います。

      ●お米、お塩、お水は毎日換えます。朝お供えして、夜下げるか、翌朝取り替えてもよいです。

      ●お榊立

      榊立は、文字通りお榊をお供えします。神棚の左右に置きます。


      お榊はたいていのお花屋さんでだいたい一対500円程度で手に入ります。
      基本的には毎月1日と15日に新しく取り替えます。榊立てのお水は毎日換えましょう。
      お榊は神社のご神木にあたります。

      ●またお榊とは別に真榊も祭りするとよいでしょう。

      真榊とは神道の「三種の神器」をあしらったもので、置き方は、向って右側に「鏡」と「勾玉(まがたま)」が飾られたもの、左側に「剣」が飾られたものを置きます。手がこんでいるので少々高いですが、彩りがよく神棚が引き立ちます。
      必須ではないのですが、お榊と真榊を両方お供えしておいた場合、例えば旅行などでお榊を取り替えることができなかったときなど、真榊がお供えしてあれば良いので便利です。

      ★その他のお飾り
      注連縄や御神幕など、いろいろありますが、それらは必ずしも必要なものではありません。地域の風習や外観の好みによって使ってもいいと思います。
      但し、ごちゃごちゃ飾るよりもシンプル・イズ・ベストを心がけてください。
      また、水晶や他のパワーグッズ、お守りなどは一緒に置かないようにしましょう!

      ★神棚の買い替え時期
      特に、何年おきに換えるという決まりはありません。
      例えば、家を新築・増築したときや、事業を大きくするとき、何かオメデタイことがあったときなど、人生の節目に買い換え、少しずつ大きさやグレードをランクアップしていくのが良いそうです。
      最近、私も自分への開運ご褒美に下のような神棚を新調しました拍手
      ↓ ↓ ↓
      唐戸箱宮16号彫刻らんま(ひのき)
      頬ずりしたいほど気に入っています。ラッキー
      みなさまの人生が今より必ずますます良くなっていますように

      ★古い神棚の処分方法は?
      基本的には、神社に持って行ってお焚き上げしていただくのがベストです。
      但し、大きなものですのでおたきあげしてくれるか予め問い合わせてから持って行きましょう。
      また最近は神棚を購入したお店で引き取ってくれてお焚き上げもしてくれるサービスをしているところもありますので、そのようなお店で買うのもいいでしょう。

      次にいよいよご神札の種類と祭り方を説明していきます。
      >>>△歓聖イ亮鑪爐蛤廚衒編へ。コチラをクリック!
      神棚の祭り方 | 17:35 | author : 管理人
      comments(11) | trackbacks(0) | - | - |


      旅行なら楽天トラベル



      神棚の祭り方 △歓聖イ亮鑪爐蛤廚衒(お札の置き方)
      0
        神棚に納めるお札をご神札(しんさつ)といいます。

        大きな神社に行くと社務所で様々な種類のお札やお守り・開運グッズ(?)を配布・販売しています。神棚用にどれを選んでいいか迷うことも多いかと思います。また自分の場合はどこの神社でいただいてくるのがいいかわからないという方もいらっしゃるかと思いますので、参考にしていただければと思います。尚、ここではヾ靄槓-神棚の設置方法の記事で説明したような三社造りの神棚を祭ることを前提に説明していきます。

        三社造りの神棚には扉が3つありますので、全部で3種類のお札を納めることになります。
        基本的に、家庭では三社が良いです。たくさんお札を祭るのは感心しません。
        ただ、どうしてもという場合には追加的にあと一社加えて四社祭りでもOKです。その場合は三社の神棚の横にそのお札を祭るための一社用の神棚を置いてお祭りすることになります。

        ★神棚に最適なご神札・お札は?
        神棚に入れるご神札は、神社で授与される紙製のお札です。
        神社の社務所で販売しています。だいたい1000円前後くらいが多いです。高いほどご利益が多いというわけではないので念のため(笑)。
        たいていの三社造りの神棚は中がつながっているものが多いので幅はあまり気にする必要なないと思いますが、念のため神棚の高さ(内寸)を測って行きましょう。
        神札が一種類しかない神社もあれば、大・中・小とサイズが違うものを扱っている神社もあります。

        屋根違い三社の神棚の場合は、真ん中と左右では高さが違いますので特に気をつけてください。真ん中には、次に述べる「神宮大麻」を納め、左右にはそれぞれ別の神社のご神札を納めます。

        ちなみに通し屋根三社は見た目通り、同じ高さになります。

        一般にその神社や主神の名前が書いてある、一番シンプルなタイプの紙製のお札を祭ります。
        例えば、住吉神社だとすると「住吉神社神璽」や「住吉大神」などです。
        「住吉神社交通安全」などと書かれたものは神棚に収めるには適切ではありません。
        それでは、詳しく説明していきます。

        ★まず、中央に納めるご神札は?
        三つの御扉の真ん中に納めるご神札は、伊勢神宮のご神札である「天照皇大神宮」と書かれたご神札になります。このご神札のことを「神宮大麻(じんぐうたいま)」といいます。
        伊勢神宮のご祭神である天照大御神は皇室の御祖神(みおやのかみ)であると共に、日本民族の総氏神であるとされているところから最高位の中央にお祭りすることになっています。ここはすべての人に共通です。
        くれぐれも中央だけは自分の好みで他のご神札を祭らないようにしてください(笑)。
        昔、「日本神話では天御中主神(あめのみなかぬしのかみ)がトップだから」と思って真ん中に天御中主神と書かれた札を代々祭っていた人がいたという笑い話を聞いたことがあります。
        わかりやすく言い換えれば天照大御神は日本のすべての神社のトップの神様だと思ってください。これは理屈や好みではないのです。
        ちなみに伊勢神宮まで買いに行かなくても、どこの神社でも置いています。
        参考:神社庁のホームページへ

        ★向かって右側に納めるご神札は?
        向かって右側の方が上位になります。(神様の側からは左側になり神道では左側が高位になります。)

        一般的な祭り方は、神社庁のホームページにのっているように、氏神さまと呼ばれる神社のご神札を祭るとあります。
        神社側から見ると、その神社が管轄する地域にある家を氏子(うじこ)と言います。
        自分の家がどの神社の氏子区域に属するかわからない場合は、地元の人に「この町の氏神さまはどこですか?」ときくか、近くの神社に「うちの住所はそちらの氏子区域ですか?」と問い合わせるか、もしくは神社庁の各支部に問い合わせればわかると思います。

        但し、厳密に言うと元々「氏神」というと、氏族ごとに自分たちの遠祖にあたる神様をお祭りしてこう呼んでいました。
        有名なのが、藤原氏の氏神として栄えた春日大社です。
        一方、現在では氏神神社が混同されて使われていますが、本来は地域全体の守り神を祭る神社は「鎮守神社」といいます。
        かつては村や町ごとの鎮守神社がありました。今でも「○○村鎮守」と冠した神社を見かけます。またそうした個々の鎮守神社を統括する、「○○村総鎮守」と冠した神社もあります。東京であれば、江戸総鎮守神田明神が有名です。そして更にその地域全体を包括する神社が、「一の宮(一之宮、一ノ宮)」になります。
        一の宮は、昔々の国(今の県など)の名称を冠していますのでわかりやすいですね。例えば現在の奈良県の辺りだったら「大和国一之宮、大神神社」、東京は「武蔵国一之宮、氷川神社」です。
        現在では、神社庁のように氏神神社を鎮守神社と同じ意味で使っている場合が多いです。
        名称はどちらでもいいのですが要は、右側には自分の居住地の地元神社のご神札を祭ると良いということです。

        ところで上記は神社庁の一般的な祭り方になりますが、ワタクシがオススメするのは自分の産土神社のご神札を向かって右に祭る祭り方です。
        産土神社とは文字通り、自分の生まれた土地の神社という意味です。古くはアタリマエの様に「産土さま」と信仰されていました。決定版・神社開運法にわかりやすく解説されていますので興味があれば読んでみてください。
        古神道の世界では土地ごとに人間や動植物の生命、そして自然界を司るスピリットがいるとされています。その偉大なる存在を「産土の大神」と呼び、ご祭神として祭られている神社が産土神社です。ひとりの人間がこの地球に生まれるときにその土地に産まれるナビゲーターとなってくれる存在です。また、たとえ生後その土地を離れても生きている間はずっと見守っていてくれるそうです。そして別の場所で死を迎えたとしてもその産土の大神がお迎えにきくれるそうです。つまり誰にとっても生涯唯一の神様です。自分自身にとって一生を通じて信仰するとよい神様なのでその神社のお札を右の御扉に祭ると良いのです。

        ところで産土神社は、「産土神社〇〇神社」とはまず冠していません。
        見つけ方の目安は、自分の生まれるときに両親(もしくは母親)が住んでいた場所の近くにある神社です。地域の鎮守神社、もしくは一之宮や総社と呼ばれる神社である可能性が高いです。
        もし自分の産土神社がどこかをちゃんと調べたい場合は、古神道の神事を応用した地図によるリサーチで調べる方法があります。
        興味のある方は決定版・神社開運法にもっと詳しい情報が載っていますので一度読んでみてください。
        ちなみにこのリサーチ法を開発した山田雅晴氏によると、産土の大神と人間は1対1の関係なので、たとえ同じ土地で産まれた家族であっても、その人にとっての産土神社はひとりひとり調べるそうです。従って産土の大神がいる神社が同じ神社である場合もあるし、違う神社になる場合あるとのことです。

        ちなみに私も調べていただきました。私は新潟市生まれで、産土神社は新潟市白山に鎮座する白山神社でした。この神社のホームページを見ていただくと参考になると思いますが、こちらは「新潟総鎮守」を冠する神社です。またとてもご祭神が多い神社で様々なお札を授与しています。例えば白山神社、出雲神社、住吉神社、黄龍神社などなど。
        こんなケースの場合、自分の産土の大神さまのお札はどれなんだろうと迷うかもしれませんが、そういう場合は基本的にはその神社の神社名もしくは主祭神が書かれたフツーのお札を祭ればよいと思います。従って、私の場合は「白山大神」というご神札になります。

        ところで、上記のようなリサーチで見つけた個人の産土神社を祭る場合に気をつけて欲しいことがあります。それはもし一軒の家に同居する家族がいる場合はその家の主人(あるじ)の産土さまを祭ることです。産土神社は家族ひとりひとり違うことがあると言いましたね。例えばもし夫婦で違う産土神社だったとしたら、たとえ神棚を祭りたいと思った人がその家の奥さんだとしても祭るのはダンナさまの方の産土神社になります。これは理屈や感情の問題ではなく、家族の役割と霊的な守護の世界には厳密なヒエラルキー(階級)があるとのことです。


        ★向かって左側に納めるご神札は?
        神社庁などの一般的な祭り方では、崇敬神社のご神札を祭ると良いとされています。
        崇敬神社とは、特に信仰している神社のことです。
        崇敬神社が特にない場合は、自分の住んでいる地域の一の宮がよいと思います。

        さて、もしここで向かって右側に、私が前述したような「産土神社」を祭る場合は、向かって左側に自宅の住所の「鎮守神社」のご神札をお祭りすることをおすすめ致します。「産土神社」と「鎮守神社」で陰陽ペアになります。
        前にも述べたように、現在では鎮守神社と氏神神社が混同されていますが、鎮守神社は本来その家のある土地全体の自然界を管轄している神様が坐す神社という意味です。
        人間は地球の土地をお借りして生活を営んでいます。その土地への感謝を込めて鎮守さまを祭るということです。

        鎮守神社も産土神社と同じように先のリサーチ法で調べることが出来ます。
        ちなみに私の場合は自宅の鎮守神社は、東京文京区に鎮座する白山神社でした。
        従ってこちらの神社でいただいてきたご神札を向かって左側にお祭りしています。ちなみに私が住んでいる住所の氏神神社ではありませんでした。氏神神社のお札は家で祭っていませんが、氏神神社へのお参りもしています。

        ところで、私の場合産土神社も鎮守神社も白山神社です。元になる神社は両方とも石川県の加賀国一之宮白山比め神社です。しかし守護していただいている神様も私にとっての働きも違いますので区別して祭っています。
        わかりやすく例えると、産土の大神は血の繋がった母親のイメージです。どんなときも絶え間なく無限の愛で見守ってくださいます。
        鎮守神社は母親と特に仲良しの親戚のオジさんオバさんという感じでしょうか(笑)。同じ地域に住んでいるので何かと親身に面倒をみてくださいます。住む場所が変われば鎮守様も変わります。母親(産土神)がその地域で一番頼りになる親戚を見つけてくれて、お世話してくれるように頼んでくださいます。


        ★ご神札を納めたら...
        通常、神棚の御扉は閉じておきます。
        神社の例大祭の日など、祭りごとの日のみ開けても良いでしょう。

        ★祈祷札の祭り方は?
        祈祷札とは、特別にお祓いや祈願を申し込んだ際にいただくお札のことです。
        厄祓い(厄払い・やくばらい)や車などのお祓いを受けた際や、七・五・三、初詣などのお祝い事、 昇殿参拝などなどで、授与品と共にいただく「○○御祈祷」とか「○○祈願」とか書かれているお札です。
        これらは、基本的に神棚の御扉の中には祭りません。ご神札を神棚に祭るのは神社と守護の霊線を結んでいただくためです。祈願札は文字通りなんらかの「お願い事」をしたお札ですので目的が違うわけです。

        通常は神棚の横に祈願した期間(1年)、立てかけておくと良いでしょう。
        そして、満願後に神社にお礼参りしてお返しします。もしくは年末にお焚き上げしていただきます。
        ここでひとつ注意点ですが、あちこちの神社でお祓いを受けてそこで授与された祈願札をズラーッと立てかけておくのは、あまり感心しません。
        基本的に家にお祭りするお札の神社は3つです。つまり、祈願札を祭る場合でも出来れば神棚の中に祭っている神社と同じ神社の祈願札であれば問題ありません。

        ちなみに年末年始になるとこのページの閲覧が通常の3倍くらいになります。
        たぶん初詣に出かけた先でご神札を買われたりお祓いを受けられて祈祷札を授与される方が扱いがわからなくて調べられるのではないかと思います。
        このページをちゃんと読んでいただければわかると思いますが、観光地や有名神社の祈祷札だけを祭るのは、私的には正道ではないのでオススメはしません。ですが、すでにいただいてきてしまった方が見ておられるかもしれません(笑)。それはせっかくいただいてきたので1年間くらい大切にお祭りすればよいと思います。祈祷札をいただいてきたのをきっかけに神棚を設けるというのもいいと思いますが...。もしそこまで出来ないのであれば、とりあえず下記のような札入れを手に入れてお部屋の清浄な場所に祭っておいてもよいではないでしょうか(但し簡易的なものです...)。

              

        ちなみに私は、産土神社と鎮守神社の総本宮である白山比め神社にお参りした際特にご縁の深い神社なので昇殿参拝したかったので、「心願成就」という項目に印をつけて祈祷を申し込みました。祈祷後「神棚にすでに別のご神札を祭っているので祈願札は結構です」と辞退して他の授与品だけいただいて帰りました。そのように伝えれば失礼にはあたらないと思います。祈祷したお札は神社の方でお焚き上げしてもらえると思いますし。

        また、あちらこちらの神社寺院で受けた祈祷札やお守りグッズの類をたくさん家に置くのはあまり感心しません。それどころか極端に言えば、たくさん祭るくらいなら何も祭らない方がマシというケースさえあります(笑)。(紹介しておいてなんなんですが...)。
        本当に、祭祀はシンプルイズベストを心がけてください。

        ★木札(木製札)
        紙ではなく、木製のご神札もあります。木製の神札の場合は、神棚の中には紙製のお札を祭った上で、神棚の横(外側)に立てかけておきます。木製のご神札は特に祭るは必要はありません。

        ★その他のご神札・お守り
        上記以外にもその目的に応じて様々なお札やお守りがありますが、神棚に納めるご神札は一番シンプルなものです。
        お守りやカードタイプのお札は基本的に身に着けるもの(携帯用)です。

        ★ご神札・お札を換える時期は?古いお札の処分方法
        基本的には1年毎に新しいご神札を受けるのが良いとされています。
        換える時期に特に決まりなないのですがあくまで目安として、年末・年始のお礼参りとご挨拶にそのご神札をいただいた神社にお参りして、その際に古いご神札を神社にお返し、新しいご神札をいただいてくるというのが一般的には良いと思います。
        或いは立春を持って「新年」としても良いと思います。

        正式には、本人がご神札をいただいたのと同じ神社にお礼参りを兼ねてお返しに行くのが良いのですが、地方の場合は郵送で受け付けてくれる神社もあると思います。問い合わせてみてください。
        またどちらも難しい場合は地域の総鎮守や一の宮にお返ししても良いでしょう。
        参拝客が多い神社はに「古札納め所」と表示された場所がありますのでそこに納めてください。
        神社では、たいてい1月の中旬頃にそれらの古札をお焚き上げ(おたきあげ)する行事があります。

        ちなみに私の場合鎮守神社は毎年年末年始にお返しに行き、新しいお札に変えています。産土神社は新潟なので、年末年始のタイミングではなく自分がお参りに行った際にお返し、代わりに新しいお札をいただいてきます。私の神社は郵送で取り寄せることも可能なのですが、自分で足を運んでいただいてきたお札の方がいいような気がして、そのようにしています。従って1年以上経ってから換えることもあります。

        最後に神棚を「飾る」というのは間違いです。神棚は飾るものではなく「祭る」ものなのです。
        また神棚には「祀る」という漢字ではなく「祭る」と漢字を用いるのが正式だそうです。
        「祀る」という字は「仏壇を祀る」や「先祖を祀る」というときに使います。
        神・仏・先祖の「まつり」を合わせて「祭祀」と呼びます。
        祭祀を調えると繁栄するそうです。


        >>>神棚新商品へ>>>

        ヾ靄槓-神棚の設置方法へ戻る>>>コチラをクリック!
        神棚の祭り方 | 17:55 | author : 管理人
        comments(8) | trackbacks(0) | - | - |


        旅行なら楽天トラベル



         
        CALENDAR
         
        SMTWTFS
         123456
        78910111213
        14151617181920
        21222324252627
        28293031   
        << July 2019 >>
        Recommend
         
         
        Rakuten Recommends
         
         
        Recommend
         
         
        RECOMMEND
         
         
        RECOMMEND
         
         (JUGEMレビュー »)

        ドン・キャンベルのモーツァルト効果3 想像力・創造力

        オムニバス(クラシック)

        演奏: オールド・フェアフィールド・オーケストラ, ノーザン室内管弦楽団, カペラ・イストロポリターナ, ヤンドー(イェネ), バログ(ヨージェフ)他

        指揮: ウォード(ニコラス), ヴィルトナー(ヨハネス)

        作曲: モーツァルト

        CD (2006/10/25)

        ディスク枚数: 1

        レーベル: キングレコード

        収録時間: 68 分

        このシリーズ(Vol.機銑掘砲蓮▲ングレコードと、トマティス・ジャパン共同監修で、もはや中古でしか買えませんが、再編集されたシリーズが再リリースされています。それも、もう販売修了みたいですが。


        1. 12のドイツ舞曲 K.586-第12番 ハ長調


        2. 交響曲 第24番 変ロ長調 K.182-第2楽章:アンダンティーノ・グラツィオーソ


        3. 「ああ、お母さん聞いて」による12の変奏曲 ハ長調 K.265 (キラキラ星変奏曲)


        4. 3つのドイツ舞曲 K.605-第3番 ハ長調「そりすべり」


        5. クラリネット五重奏曲 イ長調 K.581-第4楽章:アレグレット・コン・ヴァリアツィオーニ


        6. 弦楽四重奏曲 第21番 ニ長調 K.575-第1楽章:アレグレット


        7. 弦楽四重奏曲 第19番 ハ長調 K.465「不協和音」-第1楽章:アダージョ-アレグロ


        8. ディヴェルティメント ニ長調 K.205-第4楽章:メヌエット


        9. ピアノ・ソナタ 第13番 変ロ長調 K.333-第3楽章:アレグレット・グラツィオーソ


        10. ピアノ協奏曲 ニ長調 K.107-第3楽章:テンポ・ディ・メヌエット (J.C.バッハのピアノ・ソナタ作品5の2からの編曲)


        11. 交響曲 第4番 ニ長調 K.19-第2楽章:アンダンテ


        12. 12のドイツ舞曲 K.586-第3番 変ロ長調
         
        RECOMMEND
         
        Market Leader Upper-Intermediate (3E) Coursebook with DVD-ROM
        Market Leader Upper-Intermediate (3E) Coursebook with DVD-ROM (JUGEMレビュー »)
        COTTON & FALVEY
        英会話学校で使っています。
        http://rosettastone-lc.jp/english/
         
        RECOMMEND
         
        耳サプリメント (中川雅文 監修)
        耳サプリメント (中川雅文 監修) (JUGEMレビュー »)
        モーツァルト,ヴァシル・カザンシェフ
         
        RECOMMEND
         
         
        RECOMMEND
         
         
        RECOMMEND
         
         
        RECOMMEND
         
        決定版 夢占いキーワード事典
        決定版 夢占いキーワード事典 (JUGEMレビュー »)
        マリィ・プリマヴェラ
        起きてからも忘れられないほど、びっくり仰天な大きさの大便をした夢を見ました。
        さて、一体なんの象徴なのか、その日はずっとインターネットで検索などをしていましたが、概ね悪い夢でないばかりか、超ラッキーな夢らしいことがわかり、ニンマリ。
        その時、本屋でこの本も立ち読みしたのですが、かなりわかりやすかったので、アマゾンのマーケットプレイスで買ってしまいました。
         
        RECOMMEND
         
         
        RECOMMEND
         
        決定版 神社開運法―最新・最強の開運法を集大成!
        決定版 神社開運法―最新・最強の開運法を集大成! (JUGEMレビュー »)
        山田 雅晴
        「神社にお参りに行ってみたいけど、そもそも神社とは何?」「どこの神社にお参りに行けばいいんだろう?」「お参りする際の作法は?」そんな神社「初心者」にとっては最適のガイドブックです。また今まで漠然と初詣や観光地の有名神社に行っていた人には目からウロコの情報満載です。
         
        RECOMMEND
         
         
        RECOMMEND
         
        内在神への道
        内在神への道 (JUGEMレビュー »)
        伊勢白山道
        人気ブログ「伊勢ー白山 道」の書籍化。著者がすすめる「短冊と三本の線香による先祖供養」の方法を見たとき、これは既存の宗教が成立する以前に日本人が太古から行っていた原初の信仰形態である先祖崇拝のミニチュア版だなと思いました。
        とても参考になります。
         
        RECOMMEND
         
        エマニュエル・スウェデンボルグの霊界 マンガ版―私は霊界を見てきた!!
        エマニュエル・スウェデンボルグの霊界 マンガ版―私は霊界を見てきた!! (JUGEMレビュー »)
        エマニュエル スウェデンボルグ,南 聖樹
        人は死んだ後どうなるのか?スウェデンボルグという人は、日本ではまだ知る人ぞ知る存在かもしれませんね。レオナルド・ダビンチの生まれ変わりとも言われる、真のに大天才科学者にして、霊界を天上から地獄までつぶさに見て、生還した人です。その霊界日記のエッセンスをわかりやすくマンガにしてあります。残念ながら絶版ですが、オススメです。
         
        RECOMMEND
         
         
        RECOMMEND
         
        手にとるようにユング心理学がわかる本―「自分の心の正体」はどこにあるのか?
        手にとるようにユング心理学がわかる本―「自分の心の正体」はどこにあるのか? (JUGEMレビュー »)
        長尾 剛
        ユング心理学の概要を理解するのに読みやすく大変わかりやすい本でした。

        まずユングという人物が自身の人生の経験を通して彼の心理学的さまざまな発見がなされたのがわかり、私はユング自身の生い立ちに大変共感を覚え、また限りない好感を持つと共に精神科医として真摯に患者と向き合った姿勢には尊敬の念を抱きました。

        また本書では彼の元型論、シャドー・コンプレックス、アニマ・アニムスがわかりやすく解説されています。ここで精神的な病になる過程の説明を得て目からウロコが落ちる思いでした。

        ユング心理学について「全く初めて」という人にとって、最低限必要な「情報」が網羅されていると思います。
         
        RECOMMEND
         
        月収100万円、わたし主婦です―「幸せの共時性」は天使からの贈り物
        月収100万円、わたし主婦です―「幸せの共時性」は天使からの贈り物 (JUGEMレビュー »)
        小林 紘子
        潜在意識だけでここまで成功できるのか!
        メチャメチャわかりやすい!
        ○十万円の自己啓発セミナーに行って理論や理屈を勉強するより、誰でもゼロからタダで成功できる超カンタン潜在意識活用法満載です。
         
        RECOMMEND
         
        ストン!―あなたの願いがかなう瞬間
        ストン!―あなたの願いがかなう瞬間 (JUGEMレビュー »)
        藤川 清美
        年収8千万円を達成したカリスマネットワーカーの軌跡は、幼少時に培われたハングリー精神、子育て・主婦業と大学の両立、人生の師との出会い、その師から学んだ潜在意識を活用し女社長へと、著者の一途な成功物語として感動するだけでなく、人は誰でも自分の「決めた」人生を手に入れることが出来るんだというメッセージと共に希望を与えてくれます。
        また60才を目前になお新たな目標に向かって社会貢献を視野に入れて進化し続ける姿勢には頭が下がります。
        尚、タイトルの「ストン!」とは読者の夢が潜在意識にうまくストンと入るように願ってつけられたとか。
        著者が編み出したユニークな潜在意識活用法も満載です。
         
        RECOMMEND
         
        太陽の神人 黒住宗忠―その超逆転発想は、激動の時代を生き抜く処方箋。
        太陽の神人 黒住宗忠―その超逆転発想は、激動の時代を生き抜く処方箋。 (JUGEMレビュー »)
        山田 雅晴
        今ブーム再来の伊勢神宮。

        そこは日本人にとって太陽信仰の原点なのかも。黒住宗忠という一人の真の神人の原点は天照大御神への信仰と親孝行でした。
         
        RECOMMEND
         
        こころとからだを癒してスッキリ! 魔法の指先タッピング
        こころとからだを癒してスッキリ! 魔法の指先タッピング (JUGEMレビュー »)
        横田 紗知世
        困ったときに1回3分!
        「エナジータッピング」は、アメリカのエネルギー心理学に東洋医学の考えを加えて応用発展させた新しいヒーリング・テクニックです。
        自律神経の働きを正常にし、体のエネルギーバランスを整えるので、肩こりや冷え性などの体の不調をととのえるほか、あがり症・スピーチの緊張、ストレス、気分の落ち込みや不安、高所恐怖など、不快な感情を約3分でとることができます。
         
        RECOMMEND
         
         
        RECOMMEND
         
        手の反射療法
        手の反射療法 (JUGEMレビュー »)
        織田 啓成
        リフレクソロジーや足ツボが流行っていますが、足と同様に手にも内臓とつながる反射区があります。手の平ならテレビを見ながらでも電車に乗っているときでも、気づいたときにスグ自分で揉むこのが出来るので大変効果が高いのです。
        本書の著者は臨床経験豊富な漢方医で特に経絡に精通している方です。124p ¥840 たにぐち書店
         
        RECOMMEND
         
        「大往生」するための健康読本―100歳まで元気で生きるコツ
        「大往生」するための健康読本―100歳まで元気で生きるコツ (JUGEMレビュー »)
        織田 啓成
        水虫は殺すな、魚の目はとるな!現代医療では気づかなかった全く新しい健康常識が満載(本書帯より)」
        ・病気ではないけれどいつも体調が悪く疲れやすい人
        ・かぜを引きやすい人
        ・すぐにノドが痛くなる人
        ・いわゆる生活習慣病(糖尿病、高血圧、リュウマチ、動脈硬化、脳梗塞など)
        ・花粉症やアレルギー体質の人
        ・不眠症の人
        これらの人はぜひ読んでみてください。
        本当の健康の意味がわかり、改善するヒントが得られるはずです。
        また著者はホメオパシー医療の第一人者から長年学び臨床で効果を上げておられる鍼灸師でもあります。
         
        RECOMMEND
         
        鼻・のど甜茶飴
        鼻・のど甜茶飴 (JUGEMレビュー »)

        製造中止になるも、歌手の森山良子さん、由紀さおりさんや矢野顕子さんの要望により復刻された逸品。
         
        RECOMMEND
         
        AloeのAはAngelのA
        AloeのAはAngelのA (JUGEMレビュー »)
        高沼 道子
        近年あまり公けにされることは少ないが内臓に欠陥を持って生まれてくる赤ちゃんが増えているそうです。
        大きな原因のひとつは母体の胎内環境が「栄養不足」で整わず胎児に影響するためだそうです。

        本書はまず第一に今から結婚して子供を授かりたい女性にぜひ呼んでいただきたいと思ったのですが、啓蒙する立場の産婦人科医療や幼児・児童教育にたずさわる方、自然療法、代替医療、生活習慣病の予防、栄養学や健康全般に興味のある方にも興味深い内容です。

        著者は30代で乳がんを患い、更には糖尿病や精神不安からも一時は寝たきり状態になってしまします。
        しかし幼い娘さんがアトピーを患い心細さからウソの「幸せ絵日記」を描いていることを知り病気を克服するため、財産を投じて代替医療のメッカ、メキシコに渡ります。
        そこでかの有名なゲルソン病院などで自然療法を体験するかたわらアロエベラという植物のパワーを享受した母体から生まれてくる「アロエベビー」に出会います。

        著者は自らもアロエベラジュースの効果で健康を回復した経験を理論づけるためにその後も何度も海外に飛び先端医療機関で自然療法を調べてまわります。
        そんな著者の地道な情報集積をもとに本書では、内臓の免疫機能を正常に保つためには普段の栄養バランスの偏りや環境ホルモンの影響が母体ど胎児に与えるダメージを説いています。
        それは多くの人々が健康の大切さを知って幸福で豊かな生活を送ってほしいというやさしい視点がこれから生まれてくる子供たちに注がれているからこそでしょう。

        この本の後半ではアロエベラジュースのユーザーの体験記を綴っています。
         
        NEW ENTRIES
         
         
        CATEGORIES
         
         
        ARCHIVES
         
         
        RECENT COMMENTS
         
         
        RECENT TRACKBACK
         
         
        MOBILE
         
        qrcode
         
        LINKS
         
         
        PROFILE
         
         
        PAGETOP